本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > クリニックからのお知らせ  > 「1歳未満の赤ちゃんには、ハチミツを与えないで!」・・・「乳児ボツリヌス症」について

「1歳未満の赤ちゃんには、ハチミツを与えないで!」・・・「乳児ボツリヌス症」について

その理由は、はちみつに含まれるといわれるボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」が赤ちゃんの体内に入り、「乳児ボツリヌス症」を引き起こすかもしれないからです。
「乳児ボツリヌス症」とは、1歳未満の乳児に特有の疾患で、ボツリヌス菌の「芽胞(がほう)」と呼ばれる菌の種・卵のようなものを、食品を通して体内に入れることで重症化する感染症です。芽胞が赤ちゃんの腸の中に入ると、発育・増殖して毒素を出すことでボツリヌス症が引き起こされます。
最初の症状として、5日以上続く便秘になります。便秘以外の症状としては、以下のようなものがあります。

・母乳やミルクを飲む力が弱くなる
・泣き声が小さくなる
・顔が無表情になる
・体の筋肉が弛緩する(例:頭を支えられなくなる、手足を持ち上げない)

参考までに
厚生労働省のHPサイトをご確認ください。
ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから(重要なお知らせ)

PDF版はこちらよりダウンロードできます。


Copyright© MOSHIMOSHI KIDS CLINIC All Rights Reserved.